幸せ探しの東京街歩き

東京の街を幸せな気持ちになれる場所を探して歩いてみます。

南麻布4丁目は緑豊かな地域☆マイナスイオンたっぷりで幸せな気持ちになれます♡

南麻布4丁目は、江戸時代は街外れで麻布村の主要耕作地でした。 寺社地も多く、また大名、小名の下屋敷が置かれていた。今に残る仙台坂、南部坂、北条坂、青木坂は、各藩の屋敷に由来します。 江戸中期には、将軍家の別荘である白銀(しろかね)御殿(麻布…

南青山6丁目はオシャレな街並みと森林浴で幸せになれます☆

青山は、徳川家康の重臣であった青山家の青山忠成の広大な下屋敷(現在に於ける別荘に該当)にちなみ、この付近一帯の町名に青山を冠した(赤坂青山○○町)ことが地名の由来といわれています。青山忠成は三河以降家康に仕え、のちの二代将軍秀忠の側近となっ…

麻布十番2丁目は美味しい物が食べれて心が暖かくなる街です

麻布十番2丁目は東京メトロ南北線「麻布十番」駅より 一番近い街です。 麻布十番駅です。 「麻布十番」の町名は(昭和37年)に成立したものです。 それまでの麻布新綱町、麻布綱代町、麻布坂下町、麻布永坂、麻布日ヶ窪町、麻布宮下町、麻布宮村町、麻布一本…

虎ノ門2丁目は新たに生まれる希望の街です☆

虎ノ門2丁目は、西新橋と赤坂の間に立地します。 まずは、東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より出発しました。 東京メトロ「神谷町」駅です。 神谷町駅から桜田通りを虎ノ門方面へ向かう途中に、 八幡神社です。 八幡神社(はちまんじんじゃ)は、寛弘年間(100…

西麻布3丁目は、安心の病院と神頼みができる安心感のある街です☆

西麻布3丁目は、六本木通りの南側でテレビ朝日通りと外苑西通りの 間に位置します。 江戸時代には農耕地や雑木林、町屋や大名や小名の下屋敷から構成されていて、街からは、外れた閑散とした地域でした。 明治、大正時代の頃より住宅街へと形成されていき、…

三田1丁目は古き良き時代が残り心が豊かになる街です☆

三田の地名は、この地に朝廷に献上する米を作る屯田(みた)が存在していたからという説と、伊勢神宮または御田八幡神社の神田(みた)があったからとも言われています。 江戸時代には、は大名屋敷や御家人の屋敷が並び、三田四丁目の周辺には旧三田台町の台…

白金5丁目は、福澤さんから北里さんまで学べて幸せになれる街です☆

白金は、しろかねと読むのが正しいのです。 一般に「しろかね」と「しろがね」が混用されて読まれる白金ですが、町名の白金は正しくは「しろかね」と発音し、「しろがね」ではありません。一般にはどちらの読み方もされてきてますが、 もともと町名の起源と…

赤坂6丁目は良縁に恵まれる街です

赤坂の地名の由来は、紀伊国坂と赤土が多い土壌に幾多の坂があることの二説あるそうです。 紀伊国坂説はまた、この赤坂の地は古くは「茜坂」と呼ばれていて、その名のとおり茜草が群生していた赤根山へ登る坂(現在の紀伊国坂)を茜坂と呼んでいたのが赤坂に…

六本木5丁目は子育てに優しい街です

六本木5丁目は、六本木の交差点から外苑東通りを東へ飯倉片町の首都高速手前までと南へは坂を下り外苑東通りまでの地域です。 地名の由来は、 6本の松の木があったことに由来する説や 青木氏、一柳氏、上杉氏、片桐氏、朽木氏、高木氏の各大名屋敷が存在した…

愛宕1・2丁目は出世の石段を登り☆御出世されて幸せになれるかも♡

愛宕は、かつての「桜田郷の内にあった山名」が、明治3年(1870)に「愛宕町」となったのがこの町名の由来です。明治期の郡区町村改正法で芝区への編入を経て後に港区へと移行した経緯は、芝地区のほかの町と同様です。 昭和53年(1978)、愛宕一丁目の全部…